女の子も男の子と同様にオリジナルTシャツを作る機会はあります。例えば、女の子も部活に入部している方もおり、部活動でメンバーと同じデザインのTシャツを共有する機会も多いです。

実際にプリントをしてくれるオリジナルTシャツの制作会社では、レディース用のTシャツも扱っており、依頼すればオリジナルのTシャツを作ってもらえます。Tシャツには複数のタイプがありますが、その中にはレディース用のTシャツに頻繁に取り入れられる種類があるので、知っておくと注文する時に参考になるでしょう。

今回はレディース用のTシャツの種類を紹介するので、注文を検討している方で、どの種類にしようか迷っている方はチェックして下さい。

クールネック

クールネックは女性用のTシャツにも採用されるタイプです。クールネックは首元が少し曲がっています。
そのため、カジュアルな印象を持たれやすいタイプです。

日本で販売されているリラックスウェアの多くがクールネックなため、女性の中には着用した経験がない方は珍しいでしょう。

クールネックが似合う人は首が長い方や細身の方です。比較的カジュアルに見えすぎるので、社会人であればネックレスを着用してカジュアル過ぎてしまわないようにできます。

ポートネック

ボートネックは横に長いのが特徴的なTシャツです。ポートネックのレディース用Tシャツは数多く販売されており、女性には比較的馴染み深いタイプのTシャツです。
ポートネックはクールネックに比べてフェイスラインが目立ちやすいですが、髪の毛をすっきりまとめることでフェイスラインが強調されるのを防げます。ポートネックのメリットは女性の襟元を美しく見せられることで、多くの女性に支持されるTシャツのタイプです。

フレンチスリーブ

フレンチスリーブは女性らしいTシャツで、特徴は袖の部分が一般的なTシャツに比べて非常に短いことです。おしゃれ着の一部として身に付けることもありますが、比較的動きやすいので、身体を動かす時に着用することもあります。

オリジナルTシャツで男性用のフレンチスリーブは少なく、フレンチスリーブは女性向けのTシャツです。オリジナルTシャツとして注文する時は、業者によっても複数の色から選択できるので、好みのものを取り入れられるでしょう。

Vネック

VネックはVの字に首元が空いているTシャツです。VネックのTシャツにはたくさんのメリットがあります。
例えば、首元がすっきりしており、爽やかであることです。また、首元がVの字に空いていることで、ネックレスなどもファッションの一部として取り入れやすくなっています。

もちろん、スポーツの時も身に着けやすいので、体育祭や文化祭のためにVネックのオリジナルTシャツを準備して、仲間と団結意識を持ってイベントに参加することも可能です。

Uネック

Uネックとは文字通り、襟がUの字になっているTシャツです。クールネックも一見、Uの字に見えますが、Uネックはクールネックに比べて空いている首元の範囲が広くなっています。

日本でUネックはメンズよりもレディース向けで、女性用のTシャツが多いです。実際にオリジナルTシャツの印刷、販売サービスをしている業者でもUネックのTシャツを扱うところがあるため、注文してオリジナルTシャツを制作してもらうことは可能です。

着用シーンからセレクト

レディース用のTシャツのタイプはたくさんあり、複数の種類の中から選択できます。レディース向けのTシャツのタイプを選ぶ時は、着用シーンなどを考慮して適切なタイプを選択しましょう。